精神科

神経性食欲不振症の病態、症状、診断(下がる上がるもの)

神経性食欲不振症の病態

痩せることに逃避して現実のストレスを回避することで過度の食事制限や排出行為などにより異常に痩せ細る。

ボディーイメージの障害が原因。

神経性食欲不振症の症状

徐脈、低血圧、低体温、低血糖

頭髪は脱毛するが、恥毛は残る

神経性食欲不振症の診断

コレステロール↑:脂肪代謝による

肝酵素↑:肝障害による

基本的に全て下がるが、コレステロールと肝酵素だけ上がると覚える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA