模試

進行性多巣性白質脳症の病態、症状、診断、治療

進行性多巣性白質脳症の病態

HIV感染、ステロイド、悪性腫瘍などによる免疫機能低下によって、JCウイルスがオリゴデンドログリアに感染し脱髄をきたす

AIDSに合併しやすい

進行性多巣性白質脳症の症状

大脳皮質の巣症状

進行性多巣性白質脳症の診断

脳脊髄液のPCRでJCV+

頭部CT、MRI:白質に病変


出典:http://patho2.med.hokudai.ac.jp/study-theme/autopsy/pml/

進行性多巣性白質脳症の治療

HIV+:カクテル療法(+抗ウイルス薬)

HIV-:原因薬剤の中止+血液浄化療法(+抗ウイルス薬)

※抗ウイルス薬の有効性は証明されていない

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA