血液内科

急性白血病の白血球数の変化

急性白血病の白血球数の変化

発病から診断までの期間が長ければ長いほど白血球数は増加する。

しかし、初期ではむしろ減少しているため、急性白血病だからといって白血球が増加しているとは限らない。

骨髄中で芽球が増加し、正常造血が抑制されるため、白血球数は減少する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA