113回医師国家試験

アルドステロンとADHの違い

アルドステロンとADHの違い

アルドステロンは、腎臓の尿細管でのNa再吸収とそれに伴う水分吸収を促進する。

一方、ADHは、腎臓の集合管の水の透過性を上昇させ、水分のみ再吸収を促進する。

なので、ADHが増加するSIADHでは、細胞外液量は正常だが水過剰による低Na血症となる。

一方、アルドステロンが欠乏すると、細胞外液量が低下する低Na血症となる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA