呼吸器内科

急性呼吸窮迫症候群の定義、重傷度評価

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の定義

ARDS:Acute Respiratory Distress Syndrome

急性呼吸促迫症候群とは、以下のような条件を満たす病態の総称。

所見
低酸素 低酸素血症(PF比300以下)
発症時期 基礎疾患や外傷、外科手術などから1週間以内に発症
胸部X線 胸部X線で両側の浸潤影
肺水腫の原因 心不全、腎不全、輸液過剰のみで説明できない呼吸不全

急性期には、炎症による肺血管透過性亢進により、肺水腫となるが、亜急性期から慢性期にかけては線維化をきたす。

ARDSの重傷度評価は?

ARDSは、酸素化の障害が起こるので、PaO2/FIO2によって、重傷度を評価できる

軽症ARDS:200<PaO2/FIO2≦300
中等症ARDS:100<PaO2/FIO2≦200
重症ARDS:PaO2/FIO2<100

ARDSの診断

国試におけるARDSの診断ポイント

先行する基礎疾患や外傷、外科手術がある
1週間以内に発症
胸部X線で両側の浸潤影
P/F比が300以下
心エコーで心機能低下がない

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA