呼吸器内科

高齢者で残気量が増加する理由

高齢者で残気量が増加する理由

高齢者で残気量が増加する理由は、肺胞の収縮が悪くなるから。

その結果、肺胞の中の空気を吐ききることができないので、残気量が増加する。

加齢現象として、高齢者では肺胞の縮みが悪くなって肺胞の中に残っている残気量が増えるわけですから、肺活量は減少することになります。

出典:http://jnsc.jp/sawa10

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA