神経内科

ドネペジル塩酸塩の機序は?

ドネペジル塩酸塩とは?

ドネペジル塩酸塩とは、アセチルコリンエステラーゼ阻害剤のこと。

アルツハイマー型認知症の治療薬である。

アルツハイマー型認知症では、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンが減少している。

アセチルコリンは記憶に関わる神経伝達物質であるため、アルツハイマー型認知症では、直近の記憶障害が見られるのである。

アセチルコリンを分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することで、脳内のアセチルコリンの量を増やすことができる。

その結果、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせることが可能になる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA