神経内科

パーキンソン病やレビー小体型認知症で心臓交感神経機能が低下する理由

パーキンソン病やレビー小体型認知症で心臓交感神経機能が低下する理由

パーキンソン病やレビー小体型認知症で心臓交感神経機能が低下する理由は、レビー小体が脳以外にも心臓交感神経に蓄積するからです。

その結果、神経が変性し機能が低下します。

心臓交感神経機能の低下はMIBG心筋シンチグラフィの集積低下として現れます。


出典:http://www.jsnc.org/p-jsnc-seminar/007/2015/1128

心臓交感神経の変性をとらえうる MIBG 集積低下とレビー小体の存在は非常に密接に関連しているこ とより,MIBG 集積の明らかな低下は,レビー小体存在のバイオマーカーであると考えられる.

出典:https://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/048010011.pdf

 

MIBG心筋シンチグラフィは、心臓を支配する自律神経の機能を調べる検査です。レビー小体型認知症やパーキンソン病では、レビー小体が脳のほかに心臓を支配する交感神経にも蓄積するため、発病のごく初期からこの検査で異常をきたすことが知られています。アルツハイマー病をはじめとする他の認知症を起こす病気ではほとんど異常をきたすことがないので、この検査が診断の決め手になることがあります。

出典:https://www.kanto-ctr-hsp.com/midorinohiroba/201309_byouki.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA