神経内科

ドーパミントランスポーターシンチグラフィとは?

ドーパミントランスポーターシンチグラフィとは?


出典:https://www.nmp.co.jp/member/kakuigaku/inspect/01_2.html

ドパミントランスポーターに高い親和性を示す123I-ioflupaneを投与して、3~6時間後に頭部の画像を撮影する。

正常では赤くはっきりとハの字型に集積している。

パーキンソン病では、ハの字型になっておらず、かなり集積が低下していると考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA