神経内科

前脊髄動脈症候群の病態

前脊髄動脈症候群の病態

脊髄腹側の2/3を支配する前脊髄動脈症候群の血流障害によって様々な神経症状をきたす。

脊髄腹側の2/3には、錐体路があるので運動失調、外側脊髄視床路があるので温痛覚消失などをきたす。

しかし、位置覚や深部覚を司る後索は障害されないので、振動覚は保たれる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA