神経内科

細菌性髄膜炎にステロイドが有効な理由は?なぜ?

細菌性髄膜炎にステロイドが有効な理由は?なぜ?

肺炎球菌による細菌性髄膜炎では、広域抗菌薬のメロペネムに加えて、抗菌薬開始前に副腎皮質ステロイドを投与することで予後が改善します。

通常、ステロイドは、易感染性をきたすため、感染症には投与することはないですよね。

では、なぜ細菌性髄膜炎にステロイドが有効なのでしょうか?

これは、細菌性髄膜炎の組織障害の原因が、細菌感染によるものだけでなく、細菌の壁成分(おそらく莢膜?)に対する過剰な免疫反応が関与しているからです。

そのため、肺炎球菌による細菌性髄膜炎では、免疫を抑制するために副腎皮質ストロイドを投与するのでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA