外科

感染症の針刺し事故の対応

針刺し事故の対応

感染症 針刺し後の対応が必要な検査結果 針刺し事故対応
C型肝炎 患者:HCV抗体+
事故者:HCV抗体-
経過観察
B型肝炎 患者:HBs抗原+
事故者:HBs抗体-
抗HBsヒト免疫グロブリン投与
HBVワクチン投与
HIV 患者:HIV抗体+ 2時間以内に抗HIV薬を予防内服

C型肝炎の針刺し事故

C型肝炎で針刺し事故を起こした場合は、ワクチンなどの治療法はない。

なので、経過観察しかない。

経過観察として、1週間後を目途に検査する。

陰性なら事故後1〜2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月を目途に再度採血を行う。

B型肝炎の針刺し事故

抗HBsヒト免疫グロブリン投与

HIVの針刺し事故

抗HIV薬を予防内服することで、感染リスクは80%以上低下する。

できれば2時間以内に内服する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA