血液内科

発作性夜間ヘモグロビン尿症の病態、治療

発作性夜間ヘモグロビン尿症の病態

感染などを契機として、蛋白を血球の細胞膜につなぎとめるGPIアンカーの欠損(CD55、CD59陰性)が起こる。

このような異常のある血球は補体感受性が亢進している。

そのため、夜間に低換気になり呼吸性アシドーシス→補体活性化すると、補体による影響を受けやすいので、血管内溶血をきたす。

夜寝ている間に溶血が進み、早朝の尿が黒くなるといった早朝の褐色尿が特徴。

これが夜間ヘモグロビン尿症の由来。

発作性夜間ヘモグロビン尿症の治療

造血幹細胞移植

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA