小児科

肥厚性幽門狭窄症の病態、症状、診断、治療

肥厚性幽門狭窄症の病態


出典:https://www.babycome.ne.jp/kidsmedica/id/20155000/

生まれた時からではなく、生後約2~3週の頃から幽門部分の筋層が徐々に厚くなる。

生後2-3週以降の男児に多い。

肥厚性幽門狭窄症の症状

噴水状の嘔吐:ミルクが胃を通過できないため、ミルクを噴水状に勢い良く吐くため

胃蠕動は亢進:イレウスと同様に閉塞したら亢進する

低Cl性代謝性アルカローシス:胃液=HClを吐くから

脱水

ミルクは胃より後にはいかないので、胆汁は含まれない(非胆汁性嘔吐)。

栄養不良・脱水が進行するまでは元気なので哺乳力は良い。

胃蠕動は亢進する。

幽門が狭窄することで胃の内容物が増えるので、なんとか押し出そうと胃の蠕動運動は亢進すると考える。

胃液を吐くことで、代謝性アルカローシスとなる。

噴水状嘔吐は以下の通り。

肥厚性幽門狭窄症の診断

まず腹部エコー:ドーナツサインdoughnut sign(肥厚した幽門輪の横断像)


出典:https://blog.goo.ne.jp/bonjour_monsieur_mademoiselle/e/b48404f1b4d5863fe48ccfb6ced31e4c

X線:シングルバブルサイン

血液検査:低Cl性代謝性アルカローシス

低K血症:アルカローシスによる

肥厚性幽門狭窄症の治療

輸液(血清濃度以上のKを含まない、ラクテートを含まないもの)

輸液でアルカローシス補正後、手術(ラムステッド法)

脱水と代謝性アルカローシスを補正するため、輸液を行う。ラクテートは代謝性アルカローシスを悪化させるので、乳酸リンゲルは禁忌。

低Cl性代謝性アルカローシス補正後にラムステッド法で手術(粘膜外幽門筋切開術)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA