消化器内科

脾腫で血小板減少はなぜ起こる?

脾腫で血小板減少はなぜ起こる?

肝硬変などにより、門脈圧が亢進すると、鬱血性の脾腫をきたす。

すると、脾機能が亢進する。

その結果、脾臓で血球の貯留・破壊が亢進し、血小板減少をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA