血液内科

IgA血管炎の病態まとめ

IgA血管炎まとめ

別名 ヘノッホ=シェーンライン紫斑病
病態 IgAが関与するⅢ型アレルギーにより、毛細血管の透過性が亢進し、全身で浮腫や出血をきたす。
溶連菌などの上気道炎感染後1〜3週で発症する(病歴が問題で書いてないこともある)
好発年齢 小児(4〜7歳)
症状(3徴候) 下腿伸側の左右対称性の紫斑
腹痛
関節痛
診断 硝子圧法で消退しない紫斑
IgA↑
陰性所見 血小板・凝固系は正常(ときに第13因子↓あり)
治療 対症療法:数週間で自然治癒
関節痛にNSAIDs
腹部症状にステロイド

 

IgA血管炎の病態


出典:https://ameblo.jp/s2myloves2/

別名はヘノッホ=シェーンライン紫斑病。

小児に多い。

両下肢に左右対称性の紫斑があらわれるのが特徴。

IgA型免疫複合体によって、全身の細小血管炎が起こり、毛細血管の透過性が亢進する。

組織への浮腫と出血をきたす。

Ⅲ型アレルギー。

IgA血管炎の治療

多くは自然に寛解する。

皮疹や関節痛のみなら経過観察。

その他の症状があれば対症療法。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA