血液内科

特発性血小板減少性紫斑病の病態、診断、治療

特発性血小板減少性紫斑病の病態

自己免疫により、血小板の破壊が亢進し、血小板が減少することで、出血傾向により紫斑をきたす。

Ⅱ型アレルギーが関与する。

自己免疫によるとわかったことで、現在は免疫性血小板減少性紫斑病となっている。

特発性血小板減少性紫斑病の診断

骨髄で巨核球が正常もしくは増加

血小板減少を補うため。

特発性血小板減少性紫斑病の治療

ピロリ菌陽性なら、除菌。

副腎皮質ステロイド。(自己免疫によるから)

脾摘

など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA