呼吸器内科

上気道と下気道の違いは?どこ?

上気道と下気道の違いは?

上気道 鼻腔、咽頭、喉頭
下気道 気管、気管支、細気管支・・・終末細気管支、呼吸細気管支、肺胞まで

出典:https://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3162.php

上気道とは、その名の通り気道の上のことです。

つまり、鼻腔、咽頭、喉頭を意味します。

一方、下気道とは、気道の下の方のことです。

なので、気管、気管支、細気管支・・・終末細気管支、呼吸細気管支、肺胞までを含みます。

上気道と下気道の境界は、声帯です。

声帯より上の部分が上気道、声帯より下の部分が下気道になると考えれば覚えやすいでしょう。

急性声門下喉頭炎(クループ症候群)では、声門下に病変があるのに、吸気性喘鳴が聞こえることから、気道以下が下気道と覚えるべきだろう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA