呼吸器内科

残気量は閉塞性・拘束性換気障害でどう変化する?

残気量は閉塞性・拘束性換気障害でどう変化する?

出典:研修医が学んでおくべき100のこと

拘束性換気障害では、肺が膨らみにくくなるため、肺活量が低下し、残気量も低下する。

単純に肺に空気が入らないので、残る空気の量も減少すると考えれば良い。

一方、閉塞性換気障害では、空気を吐き出しにくくなるので、肺が過膨張をきたす。

そのため、吐いた後に、残る空気の量も増加する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA