113回医師国家試験

夏型過敏性肺炎の病態、治療

夏型過敏性肺炎の病態

細気管支から肺胞を主座とするびまん性間質性肺炎。

抗原の反復吸入により感作される。

肉芽腫性炎症により、肺が拡張しにくくなる。

III型、IV型アレルギー反応を介して発症するため、IgEや好酸球比率は上がらないことに注意する。

夏型過敏性肺炎の治療

治療は、抗原のある環境から離れること。

重症例ではステロイドを使う。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA