消化器内科

代償性と非代償性肝硬変の違い

非代償性と代償性肝硬変の違い


出典:http://www.kansikkan.jp/disease/11.html

非代償性と代償性肝硬変は、肝硬変の程度の違いにより分けられる。

代償性肝硬変は、肝臓の機能が保たれているため、症状は現れず、自覚症状に乏しい。

一方、非代償性肝硬変は、肝機能を代償することができない程度まで、悪化しており、黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症、食道胃静脈瘤などの様々な合併症をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA