消化器内科

筋性防御とは?

筋性防御とは?

腹腔内に炎症が起こると、反射的にその部分の腹壁が硬くなり、触れられるようになる。

患部を筋肉の緊張により防衛するという意味から筋性防御と言われる。

なので、筋性防御があれば、腹腔内の炎症が腹膜にも及んでいると考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA