仮想通貨用語

Cryptocurrency Market Capitalizationsの見方、意味を徹底解説

Cryptocurrency Market Capitalizationsの見方について解説させていただきます。

Cryptocurrency Market Capitalizationsは仮想通貨についてあらゆる情報を分析することができるので、仮想通貨投資をする上で必須のツールです。

頑張って見方を知って、使いこなせるようにしましょう。

Cryptocurrency Market Capitalizationsの見方 トップページ

Name
→仮想通貨の名称

Market Cap
→時価総額。現在の価格×仮想通貨の供給量で算出される。

Price
→現在の仮想通貨の価格

Volume(24H)
→24時間の出来高、つまり24時間に成立した売買の総額。

Circulating Supply
→供給量のこと。つまり、市場に出回っている仮想通貨の量。

Price Graph(7d)
→7日間の価格変動のグラフ。

Coins
→独立して動作することができる仮想通貨のこと。

Tokens
→動作するためのプラットフォームとして、別の暗号通貨に依存する暗号通貨のこと。

Allタブの見方

Top 100
→上位100位だけを表示する

Full List
→すべての仮想通貨を表示する

Coinsタブの見方

Market Cap by Circulating Supply
→市場に出回っている供給量で求めた時価総額。

Market Cap by Total Supply
→現存するコインの総量(消失したコインを差し引いたもの)で求めた時価総額。

Filter Non-Mineable
→採掘(マイニング)できないものを除外する

Tokensタブの見方

Market Cap by Circulating Supply
→市場に出回っている供給量で求めた時価総額。

Market Cap by Total Supply
→現存するコインの総量(消失したコインを差し引いたもの)で求めた時価総額。

Trade Volumeタブの見方

Trade Volumeタブにある項目について解説したいと思います。

24 Hour Volume Rankings(Currency)
→仮想通貨で見た24時間の出来高ランキング

24 Hour Volume Rankings(Exchange)
→取引所で見た24時間の出来高ランキング

Monthly Volume Ranking(Currency)
→仮想通貨で見た1カ月の出来高ランキング

それでは、さらに詳しくそれぞれの項目についてみていきましょう。

24 Hour Volume Rankings(Currency)の見方

 

24 Hour Volume Rankings(Currency)とは、仮想通貨ごとの24時間の出来高をランキングにしたものです。

仮想通貨ごとに出来高が高い順番に表示されます。

さらに、仮想通貨がどういった仮想通貨や普通の通貨と取引されているかもランキングで見ることができます。

このデータは非常に有用でさまざまな情報を得ることができます。

例えば、ビットコインの出来高が一番多いのは、バイナンス取引所でのビットコインとTRXとの取引であるということです。

続いて、Bithumb取引所で韓国ウォンとビットコインの取引が盛んにおこなわれています。

その次に、Bitfinex取引所で米ドルとビットコインの取引が多いということが分かるのです。

つまり、今現時点(2018/1/06)では、韓国とアメリカでビットコインの売買が活発であるということが分かりますね。

24 Hour Volume Rankings(Exchange)の見方

24 Hour Volume Rankings(Exchange)とは、取引所ごとの24時間の出来高ランキングという意味です。

どこの取引所の出来高が高いかを知ることができます。

2018/01/06時点では1位が中国の仮想通貨取引所のバイナンス、2位が韓国の仮想通貨取引所のBithumbです。

さらに、それぞれの仮想通貨取引所内での出来高のランキングも表示されますので、どの仮想通貨同士のペアでの取引が活発なのかを知ることができます。

バイナンスでは、TRONの取引が多いのに対して、Bithumbではリップルの取引が多く行われているというように取引所ごとに人気の仮想通貨が異なっているのが興味深いですね。

どの国の人の利用者が多いかで人気の仮想通貨が変わってくるのだと考えられます。

バイナンスは中国の取引所なので、中国人が多いと考えられますから、中国人には今はTRONが人気なのでしょう。

一方、Bithumbは韓国の取引所なので韓国人の利用者が多いはずですから、韓国人の間ではリップルが人気だと考えられるのです。

このように、取引所の出来高、取引所内での出来高の高い仮想通貨といった情報は投資判断において非常に大切な指標となるでしょう。

Monthly Volume Ranking(Currency)の見方

Monthly Volume Ranking(Currency)とは、1カ月間の仮想通貨の出来高ランキングになります。

Name
→仮想通貨の名称

Symbol
→仮想通貨を表す記号。略称。

Volume(1d)
→1日あたりの出来高

Volume(7d)
→1週間あたりの出来高

Volume(30d)
→30日間あたりの出来高

Trendingタブの見方

Gainers and Losers
→上昇率の高い仮想通貨のランキングを見ることができる

Recently Added
→最近追加された仮想通貨を見ることができる

Gainers and Losersの見方

Gainers and Losersでは、上昇率の高い仮想通貨のランキングを見ることが可能です。

このランキングに入っている仮想通貨はほとんどが草コインで1通貨あたり数円以下のものばかりとなっています。

時価総額が小さいためにちょっと資金が流入すると一気に価格が上がるんですね。

このランキングから今現在注目されている草コインを探すことができます。

草コインとは?
時価総額が小さく、どこの誰が作ったかも知られていない将来性が不明な仮想通貨のこと

Recently Addedの見方

Recently Addedとは、仮想通貨の新しさのランキングです。

ほんの数日前にできた出来立てホヤホヤの草コインを見つけたいならココで探しましょう。

もしかしたら、将来ビットコインみたいにめちゃくちゃ値上がりすることもあるかもしれませんよ。

Toolsタブの見方

Toolsタブでは、さまざまなデータを見ることができます。

以下にそれぞれの見方の解説です。

Global Chartsの見方

Global Chartsは仮想通貨市場全体のチャートを見ることができます。

Total Market Capitalization
→仮想通貨の合計の時価総額

Total Market Capitalization (Excluding Bitcoin)
→ビットコインを除外した仮想通貨の合計の時価総額

Percentage of Total Market Capitalization (Dominance)
→全体の時価総額に占める仮想通貨の割合

Historical Snapshotsの見方

Historical Snapshotsでは、過去の仮想通貨に関するデータを見ることができます。

好きな年月日をクリックすれば上のようなデータを閲覧可能です。

Currency Converter Calculatorの見方

Currency Converter Calculatorは、仮想通貨や通貨を交換したらどれくらいになるかを計算することができます。

日本語では、”通貨交換計算機”ですね。

仮想通貨の価格は日々値動きをしていますし、小数点以下の価格の仮想通貨もあります。

なので、計算が大変なんです。

そんなときはこのCurrency Converter Calculatorが役に立ちますね。

Website Widgetsの見方

Website Widgetsは、自分のサイトに仮想通貨の現在の価格を表示できるウィジェットになります。

こんな感じのウィジェットが簡単に作れるので、ブログやサイトを運営している方は使ってみてはいかがでしょうか?

※以上、紹介したスクショはCryptocurrency Market Capitalizationsから引用させていただきました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA