仮想通貨用語

仮想通貨で「嵌め込まれる」「嵌め込み」「はめこみ」の意味は?

仮想通貨投資をしていると、ツイッターでよく、「嵌め込まれる」「嵌め込み」なんて言葉を目にします。

「嵌め込まれる」「嵌め込み」ってどんな意味なのかを調べてみました。

仮想通貨で「嵌め込まれる」「嵌め込み」の意味は?

「嵌め込まれる」「嵌め込み」とは、素人をはめることだそうです。

ここでいう「はめる」とは、「くそ、はめやがったな」というときに使う意味と同じものになります。

仮想通貨投資では、草コインを高値でつかまされるということを意味します。

そして、高値でつかまされて値下がりし、売るに売れなくなってしまうことを「嵌め込まれる」というのです。

これは、ある資金を持ったトレーダーが意図的に仕掛けるものだといわれています。

どのような仕組みで「嵌め込み」が行われるかを解説したいと思います。

仮想通貨で素人が「嵌め込み」される仕組みとは?

上の図は嵌め込みを図で表したものです。

以下、「嵌め込み」について想像で書いてみました。参考にしてください。

草コインなどの出来高の少ない株は少しの資金で大きく価格が上がることも珍しくありません。

まず、ある資金を持った人たちは、価格の安い草コインをこっそりと買い集めます。

そして、あるときに草コインを大量に買って価格を上げていくのです。

すると、価格の急騰に興味を持った素人たちが集まってきます。

そこで、SNSやネットの掲示板などで「この草コインは値上がりするで」といった情報を流すのです。

こういった情報の拡散がない場合もあると思います。

今は仮想通貨が盛り上がっているので急騰している仮想通貨は勝手に注目されますからね。

すると、素人が草コインを買うようになり価格がさらに急騰します。

そこで、嵌め込みを行う人たちは、価格が上がりきったところで、草コインを一気に売るのです。

すると、素人の人たちは、価格が急落し、売るに売れなくなってしまいます。

一方、嵌め込みを行った人は大きな利益を得るのです。

いくら価格が高くなっても買う人がいなければ仮想通貨では利益を出すことはできません。

そのためこういった「嵌め込み」というものが行われているのではないかと考えらえるのです。

なので、まだ仮想通貨投資が初心者の方はむやみに時価総額の安い草コインを買うことは避けた方がいいでしょう。

草コインを買う場合は、中長期的にもつ気で買うことをおすすめします。

中長期的視点で仮想通貨の将来性を見越してかえば嵌め込まれる心配はありませんからね。

草コインを買う場合には、こういった「嵌め込まれる」危険性があることは、常に意識して仮想通貨を買うことが大切です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA