整形外科

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の違い

頚椎症性脊髄症と頚椎症性神経根症の違い

頚椎症とは、頚椎の椎間板や椎骨が加齢により、変性、変形することで、脊柱管や椎間孔が狭窄するというもの。

脊髄が圧迫されて、脊髄症状がでれば、頚椎症性脊髄症となる。

また、神経根が圧迫されて、神経根症状がでれば、頚椎症性神経根症となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA