腎臓内科

コレステロール塞栓症の病態、診断、治療

コレステロール塞栓症の病態

大動脈壁の粥腫(じゅくしゅ:プラーク)の破綻によって、コレステロール結晶が小動脈に詰まる疾患。

血管内カテーテル治療や心大血管手術などの後に起こりうる。

コレステロール塞栓症の診断

皮膚生検でコレステロール塞栓を証明することが確定診断となる。


出典:https://www.ncgmkohnodai.org/%E8%85%8E%E8%87%93/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A1%9E%E6%A0%93%E7%97%87/

コレステロール塞栓症の治療

なし

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA