腎臓内科

尿細管性アシドーシスとは?

尿細管性アシドーシス(renal tubular acidosis : RTA)とは?

尿細管性アシドーシスとは、尿細管障害により、尿中への酸の排泄が障害され、酸血症をきたす疾患。

1型と2型を覚える。

1型RTA(遠位尿細管性アシドーシス)・・・遠位尿細管でのH+排泄障害

シェーグレン症候群に合併しやすい。

2型RTA(近位尿細管性アシドーシス)・・・近位尿細管での重炭酸イオン再吸収低下

ファンコーニ症候群や炭酸脱水酵素阻害薬が原因となりやすい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA