腎臓内科

炭酸水素ナトリウムの作用機序

炭酸水素ナトリウムの作用機序

炭酸水素ナトリウムは、代謝性アシドーシスの是正に使われる薬です。

経口投与することで、胃内の胃酸が中和されます。

すると、炭酸水素ナトリウムを含む膵液は中和されることなく、そのまま腸管で吸収されるのです。

その結果、代謝性アシドーシスが解消されます。

膵液

炭酸水素ナトリウムを含んでおり、アルカリ性を示す。胃酸を中和する働きがある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA