内分泌代謝内科

甲状腺機能低下症でCK上昇する理由

甲状腺機能低下症でCK上昇する理由

甲状腺機能低下症では、甲状腺機能低下性ミオパチーが起こる。

症状としては、しばしば筋力低下、易疲労性、筋強直、筋痛。

原因は、筋肉組織内への粘液物質の蓄積だと考えられている。

このようなミオパチーによりCKが上昇すると考えられる。

筋肥大が目立つものをHoffmann症候群と呼ぶ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA