113回医師国家試験

交絡因子とは?

交絡因子とは?


出典:https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=56332?site=nli

交絡因子とは、原因と関連があり、かつ結果にも影響を与えるもの。

調べようとする因子以外の病気の発生に影響を与える因子とも言える。

例えば、飲酒とがんの関連性を調べる場合、飲酒以外の因子である喫煙もがんの発生に影響を与えるので、交絡因子である。

防止策としては、ランダム割付により、介入群と対照群の交絡因子を均一にすること。

すると、想定していなかった交絡因子も均一になるのであらゆる交絡因子の影響をなくすことができると考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA