循環器内科

Mモード心エコーの読み方

Mモード心エコーの読み方


出典:https://www.sakai-iin.com/image/UCG.pdf

横軸にある心電図が時間軸になる。

超音波ビームにある心臓の構造物の時間的変化がわかる。

Bモード(断層法)で心臓の解剖学的・機能的判断を行う。

Mモードで数学的な計算を行うとのこと。


出典:クエスチョンバンク 110I50

このように国試では一部が切り取られて出されるが、左室などと部位の名称が書かれている。

内腔が広い相の最後が拡張末期、内腔が狭くなった相が収縮期と考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA