循環器内科

狭心症で硝酸薬を舌下投与する理由

狭心症で硝酸薬を舌下投与する理由


出典:https://shiratorik-kango.blog.ss-blog.jp/2013-04-23

舌下投与とは、薬を舌の下において、溶かすことで、粘膜下の血管から薬を吸収させる投与方法。

舌下投与は吸収が早く、肝臓を経由しないので、初回通過効果を受けることもないため、即効性がある。

狭心症発作時のニトログリセリン舌下投与では、効果は通常1~2分と短時間であらわれる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA