膠原病内科

熱型の種類

熱型の種類


出典:https://shiratorik-kango.blog.so-net.ne.jp/2013-05-17

熱型は、日差と最低体温が37℃以上かどうかで分類できる。

熱型 定義 見られる疾患
稽留熱 日差が1℃以内の場合 大葉性肺炎、腸チフス、粟粒結核、細菌性髄膜炎
弛張熱 日差1℃以上で、最低体温が37℃以上 敗血症、膿瘍、膠原病、成人still病
間欠熱 日差が1℃以上で、最低体温が37度以下 マラリア、敗血症、Felty症候群

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%9E%8B

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA