仮想通貨

ネム(NEM)コイン【仮想通貨】とは?相場価格チャートや特徴、今後の将来性

ネムコイン【仮想通貨】の相場価格チャート、今後の将来性について徹底的にまとめてみました。

仮想通貨ネム(NEM)について知っている人も一から勉強したい人にもためになる記事になっていますので、よろしくお願いいたします。

逐一ネム(NEM)の最新情報に関してはアップデートしていこうと考えていますので、また遊びにきていただけたら嬉しいですね。

※今後もこのページは定期的に更新する予定です。

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)とは?

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)とは何かを詳しく調べていきたいと思います。

仮想通貨名称/単位 ネム(NEM)/ゼム(XEM)
時価総額 1.73兆円(2018/01/09)
時価総額順位 6位(2018/01/09)
発行日 2015/03/31
発行上限 89億9999万9999XEM
既発行量(発行率) 89億9999万9999XEM(100%)
公式サイト  https://nem.io/
公式ツイッター  https://twitter.com/NEMofficial

仮想通貨ネムは、時価総額6位(2018/01/09)とアルトコインの中ですでに多くの人に注目されています。

ビットコインと違って特徴的なのが、すでにすべてのネムが発行されていることです。

そのため、新しく発行されることがないので、ビットコインなどのように時間が経つほど希少性が薄れていくことがありません。

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)の価格やチャートは?


出典:Cryptocurrency Market Capitalizations

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)の価格は発行以来一貫して上昇しています。

最近の上昇ぶりがすごいですね。

ネムコイン(NEM、XEM)の良さがやっと浸透してきたのでしょうか。

2017年最安値 0.4116円
2017年最高値 39.72円
2017年最初からの上昇率 約5200%(52倍)

2017年だけでネムは52倍になりました。

でも、一単位の価格だけで見ると、ビットコインにはまだまだ及びません。

これからの上昇に期待したいですね。

ネムの現在の価格

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)の特徴

ネム(NEM)はNew Economy Movementの略語

ネム(NEM)はNew Economy Movement(新しい経済の動き)の略語です。

国や政府などに縛られない非中央集権的な新しい経済活動を目指すという意味がこめられています。

つまり、自由な経済圏を作ろうというプロジェクトがネム(NEM)なのです。

富が分散化される

ビットコインをマイニングするには、処理能力の高いコンピュータと多大な電力が必要です。

そのため、今では電力が安く資本のある一部の中国のお金持ちがビットコインのほとんどをマイニングしているという現状になっています。

今では、1000人の投資家がビットコインの4割を保有しているといわれています。

こんな不平等な仕組みってどうなんでしょうか?このまま長続きするのか疑問に思います。

一方、ネム(NEM)は、ネム(NEM)を持っていさえいれば報酬がもらえるのです。(10000XEM以上を持っていることが条件)

もちろん、取引量、取引回数、取引相手が多いほど報酬は変わってきます。

また、その報酬は取引手数料から払われる仕組みです。

つまり、ネム(NEM)に貢献した人ほど報酬がもらえるということになっています。

こっちの方がビットコインよりも平等でいいと思いませんか?

また、ビットコインのマイニングのように大量の電力を消費することがないので、環境に優しい仮想通貨となっています。

インフレがゼロである

ネム(NEM)はすでに発行上限まで発行されているので、これ以上仮想通貨の発行量が増えることはありません。

つまり、インフレはゼロなんです。

そのため、価値を貯蔵するのに適していると公式サイトでも書かれています。

ネム(NEM)のブロックチェーンはアップデートされる予定

ネム(NEM)のブロックチェーンは将来的には、ビットコインよりも性能が高くなるといわれています。

ブロックチェーンの性能は、1秒にどれだけ処理が可能かを表す指標としてtps((transaction per second)で表されます。

ちなみにビットコインは最大14tps(Segwit導入後)です。

2018年にネムにはカタパルトという大型アップデートが予定されています。

このアップデートが実現すると、1秒あたり1000~4000tpsもの処理速度になるといわれているのです。

この処理速度は、今仮想通貨の中で最も処理速度の速いリップルをもしのぐことになります。

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)のホルダーまとめ

イケダハヤト氏

ブロガー界ではもはや圧倒的有名人のイヤダハヤト氏のおすすめ銘柄ランキングの2位にネム(NEM)が入っています。

イケダハヤト氏はあのXPの爆上げ前にXPを持っていたことでも有名です。

有名人がネム(NEM)を持っているとなんだか安心できるのは私だけでしょうか。

仮想通貨ネムコイン(NEM、XEM)の今後は?

仮想通貨ネム(NEM)の今後はどうなるのでしょうか?

2018年に予定されているカタパルトという大型アップデートが行われればリップルよりも処理速度が上がるといわれています。

そうなると、価格は上がると思います。(あくまでも個人的な意見です)

カタパルトがいつ行われるというのが問題ですね。

いつカタパルトが行われてもいいように今のうちにネム(NEM)を仕込んでおくのがいいかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA