112回医師国家試験

濃グリセリンの適応

濃グリセリンの適応

濃グリセリンの適応は、頭蓋内圧亢進や頭蓋内浮腫の治療である。

血液の浸透圧を高めることで、組織から水分を血液中に取り込み、容積を減少させることで、脱水作用とそれに伴う内圧下降作用があるからと考える。

効能又は効果/用法及び用量
・頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫の治療
・頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫の改善による下記疾患に伴う意識障害、神経障害、自覚症状の改善
脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)
脳内出血
くも膜下出血
頭部外傷
脳腫瘍
脳髄膜炎
・脳外科手術後の後療法
・脳外科手術時の脳容積縮小
・眼内圧下降を必要とする場合
・眼科手術時の眼容積縮小

出典:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2190501A3100_1_01/

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA