感染症内科

発熱の原因や鑑別は?感染症、悪性腫瘍、炎症?

発熱の原因にはどんな疾患や病態があるのかまとめてみました。

発熱の原因は?

発熱の原因はめちゃくちゃ多いです。

・感染症(最も一般的)

・悪性腫瘍(がん)

・膠原病(自己免疫疾患の一つ)

・炎症性

・外傷(手術後、交通事故など)

・薬剤性(解熱剤など)

・不明熱

・アレルギー

・詐熱

 

とくにかく、発熱の原因として、感染症、悪性腫瘍、膠原病の3つは確実におさえておいたほうがいいでしょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA