呼吸器内科

P/F比とは?

P/F比とは?

P/F比とは、PaO2/FIO2のことで、酸素化ができているかを評価する指標。

PaO2は、FIO2が高いと高くなるので、PaO2が高いからといって必ずしも呼吸状態が良好とは言えない。

そのため、PaO2とFIO2の比で呼吸状態を判断する。

FIO2は、吸気に含まれる酸素濃度のことなので、大気中では0.21となる。

P/F比の正常値は?

PaO2の正常値は80〜100Torr。

大気中のFIO2は0.21。

よって、80÷0.21=約400より

PaO2/FIO2比の正常値は、約400〜500と計算できる。

300以下でARDSとなる。

軽症ARDS 200<PaO2/FIO2≦300
中等症ARDS 100<PaO2/FIO2≦200
重症ARDS PaO2/FIO2<100

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA