膠原病内科

多発性筋炎・皮膚筋炎の病態、症状、診断、治療

多発性筋炎・皮膚筋炎の病態

多発性筋炎とは、自己免疫により、大腿、上腕などの四肢の近位筋などの横紋筋が炎症し、筋力低下をきたす疾患。

さらに、皮膚症状があるものを皮膚筋炎という。

多発性筋炎・皮膚筋炎の症状

近位筋の対称性筋力低下

合併症:

間質性肺炎

悪性腫瘍

多発性筋炎・皮膚筋炎の診断

多発性筋炎

身体所見:MMT低下

血液検査:CK上昇、アルドラーゼ上昇、AST上昇、LD上昇、抗Jo-1抗体+

筋電図:筋原性異常

筋生検:リンパ球浸潤

皮膚筋炎

加えて

ヘリオトロープ疹(両側上眼瞼の浮腫性紅斑)


出典:http://nc927.blog60.fc2.com/blog-entry-1219.html

ゴットロン徴候(手指の関節伸側の落屑を伴う紅斑)


出典:https://medu4.com/107I71

多発性筋炎・皮膚筋炎の治療

第一選択:

副腎皮質ステロイド

副腎皮質ステロイドが効果不良、間質性肺炎を伴う場合:

免疫抑制薬併用

悪性腫瘍合併の場合:

腫瘍摘除

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA