雑記

PS(パフォーマンスステータス )の覚え方をわかりやすく説明

PS(パフォーマンスステータス )とは何かとその覚え方について紹介します。

PS(パフォーマンスステータス )とは?

パフォーマンスステータスとは、ECOGという米国の腫瘍学の団体が決めた全身状態の指標です。

日常生活の制限の程度を判断することができます。

パフォーマンスステータス(Performance Status:PS)

0: まったく問題なく活動できる。発症前と同じ日常生活が制限なく行える。

1: 肉体的に激しい活動は制限されるが、歩行可能で、軽作業や座っての作業は行う ことができる。

例:軽い家事、事務作業

2: 歩行可能で、自分の身のまわりのことはすべて可能だが、作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす。

3: 限られた自分の身のまわりのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす。

4: まったく動けない。自分の身のまわりのことはまったくできない。完全にベッドか椅子で過ごす。

出典:国立がん研究センター

 

PS(パフォーマンスステータス )の覚え方

PS(パフォーマンスステータス )の覚え方は、まず0から4までの5段階であると覚えます。

次に、0が最も状態が良くて、まったく問題がない状態であると覚えるのです。

反対に、4が最も状態が悪くて、まったく動けないと理解しましょう。

後は、1,2,3,とだんだん状態が悪くなっていくイメージで

1:歩行可能、軽作業はOK

2:歩行可能、軽作業もできない

3:身の回りのことだけしかできない

と覚えればだいたい理解できます。

PS(パフォーマンスステータス )はどんなときに使うか?

がん患者で化学療法の適応となるかを判断する際に判断材料としてPS(パフォーマンスステータス )を使うことがあります。

PSは、米国の腫瘍学の団体に作られたものなので、がん患者の全身状態の評価に用いると覚えることもできるでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA