腫瘍内科

なぜシスプラチンはCDDPというのか?何の略語?

なぜシスプラチンをCDDPと略すのか疑問に思い調べてみました。

なぜシスプラチンはCDDPというのか?

シスプラチンの化学名は、シス-ジアンミンジクロロ白金といいます。

英語では、Cis-DiammineDichloro-Platinumです。

この頭文字をとっていくと、CDDPとなります。

CDDPというのは単なる略語だったんですね。

シスプラチンという名前からはまったく想像がつかない略語なので覚えるのに苦労すると思います。

本当に医療用語は意味にない記号が多くて、暗記しなければいけないものが多くて大変ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA