泌尿器科

腎細胞癌の病態、症状、治療

腎細胞癌の病態

腎臓の近位尿細管に由来する上皮性悪性腫瘍

腎細胞癌の症状

古典的3徴候、血尿、側腹部痛、腹部腫瘤もしくは無症状。

無症状のうちに、検診や他の目的で行われたCTなどで発見されることが多い。

腎細胞癌の治療

化学療法や放射線は抵抗性なので原発巣に対してはおこなわない。

ただし、骨転移などで疼痛緩和のために姑息照射することはある。

なので、治療の基本は外科手術

手術による腫瘍摘出が困難だったり、遠隔転移がある場合は、

サイトカイン療法、分子標的薬などをもちいる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA