薬の作用

利尿薬の種類と作用機序まとめ

利尿薬の電解質変化まとめ

ループ利尿薬 サイアザイド利尿薬 K保持性利尿薬 炭酸脱水酵素阻害薬 バソプレシンV2受容体拮抗薬
機序 Na-K-2Cl共輸送体を阻害し、Naの再吸収を抑制する。しかし、Naが高濃度で集合管にたどり着くため、Na-K交換系が働き、Naの再吸収、Kの排泄が促進され、低Kとなる。 Na-Cl共輸送体を阻害し、Naの再吸収を抑制。Naが高濃度で集合管にたどり着くため、Na-K交換系が働き、Naの再吸収、Kの排泄が促進され、低Kとなる。 アルドステロン受容体に結合し、アルドステロンの作用を阻害。K排泄が低下するため、Kは保持。 重炭酸イオンの再吸収を抑制し、NaHCO3が尿に排泄されることで利尿作用をきたす。 Naを保持する
血中K
血中Na ↓:アルドステロンの作用阻害によりNa吸収↓による ↑になりやすい
血中Ca ↑(Ca2+の再吸収を促進する作用があるから)
副作用 低Na
低K
高尿酸血症
低Na
低K
高Ca
高尿酸血症
高血糖:カリウム低下による膵β細胞からのインスリン分泌低下による
低Na
高K
高Na

利尿薬の種類


出典:https://www.phamnote.com/2017/02/blog-post_22.html

主な利尿薬は以下の6種類である。まずは、この6種類を覚える。

・ループ利尿薬

・サイアザイド(チアジド)系利尿薬

・K保持性利尿薬(抗アルドステロン薬)

・バソプレシンV2受容体拮抗薬

・炭酸脱水酵素阻害薬

・浸透圧性利尿薬

利尿薬の種類ごとに代表的な薬の例をまとめる。要暗記。

利尿薬の種類 代表的な薬の例
ループ利尿薬 フロセミド
サイアザイド(チアジド)系利尿薬 サイアザイド(チアジド)
K保持性利尿薬(抗アルドステロン薬) スピロノラクトン
バソプレシンV2受容体拮抗薬 トルバプタン
炭酸脱水酵素阻害薬 アセタゾラミド
浸透圧性利尿薬 マンニトール、グリセリン

それぞれの作用機序をまとめる。

利尿薬の作用機序

利尿薬 作用機序
ループ利尿薬 Na-K-2Cl共輸送体を阻害し、Naの再吸収を抑制する。しかし、Naが高濃度で集合管にたどり着くため、Na-K交換系が働き、Naの再吸収、Kの排泄が促進され、低Kとなる。
サイアザイド利尿薬 Na-Cl共輸送体を阻害し、Naの再吸収を抑制。Naが高濃度で集合管にたどり着くため、Na-K交換系が働き、Naの再吸収、Kの排泄が促進され、低Kとなる。
K保持性利尿薬 アルドステロン受容体に結合することで、アルドステロンの作用を阻害する。そのため、K排泄は低下するため、Kは保持される。
炭酸脱水酵素阻害薬 重炭酸イオンの再吸収を抑制し、NaHCO3が尿に排泄されることで利尿作用をきたす。

浸透圧性利尿薬


出典:http://blog.livedoor.jp/akisakuhana-cavalieco/archives/50693272.html

グリセリンで血中浸透圧を高めることで、脳実質から血管内に水を引く。

浸透圧性利尿薬は、尿細管でほとんど再吸収されない。

そのため、尿細管内の浸透圧が高くなり、Naや水の再吸収は抑制されるため、利用効果がでる。

頭蓋内圧亢進、頭蓋内浮腫の改善に有効。

利尿薬の使い分け

血圧降下薬として利尿薬が使われるときは、サイアザイド系利尿薬が使われることが多い。

eGFRが30以上ではサイアザイド系を用いる。

eGFRが30未満の場合は、ループ利尿薬を使う。

ループ利尿薬は、サイアザイド系よりも利尿効果は高いが、降圧効果は低い。

なので、効果不十分の場合に併用することがある。

参考:https://xn--rbt9ni59fe5e.com/%E8%A1%80%E5%9C%A7%E8%96%AC/%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-2.html

作用機序の違いから副作用や薬効の強さが違うので、症例ごとに使い分けをすると考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA