血液検査

静脈採血(真空管)の手順まとめ

静脈採血(真空管)の手順

採血前の確認事項

・本人確認のためフルネームで名前を言ってもらう

・アルコール過敏性がないかをたずねる

・採血で気分が悪くなったことはないかきく(血管迷走神経反応)

・採血の同意を得る

必要なものを準備する

・手袋
・アルコール綿
・絆創膏
・注射針
・ホルダー
・真空採血管
・駆血帯

手技の流れ

手袋を着用する

注射針をホルダーにさす

駆血帯を巻く

駆血帯は穿刺部位の10cm中枢側にまく

穿刺部位を決める


出典:https://www.hanakonote.com/kango/saiketsu.html

手を軽く握ってもらって、皮静脈を怒張させて、静脈を触れて穿刺部位を決める

刺入部位は以下の条件を満たす血管を選ぶ

・弾力がある
・太くてまっすぐ
・拍動がない(静脈であることを確認)

通常は肘正中皮静脈から行う

肘橈側皮静脈も痛みが少ないため多く用いられる。肘尺側皮静脈は付近を動脈および 神経が走行しており、誤穿刺の可能性とリスクが高く、また、肘内側や手関節付近の 穿刺は医事紛争も多いので、十分な注意が必要である

出典:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~kensa/pdf/medical/data/sample/sample16.pdf

アルコールで穿刺部位を消毒する


出典:http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~kensa/pdf/medical/data/sample/sample16.pdf

使ったアルコール綿は患者さんの腕におく

針を刺すことを患者さんに告げる

穿刺する


出典:https://nursepress.jp/210661

採血針の切り口を上に向けた状態で、15~30°の角度で静脈に穿刺する

逆血を確認する

ポイント

深部の神経を損傷しないように、浅い角度で刺す

穿刺しても、血液の流入がみられないなら、針を少しだけ進めるか引く

採血管をホルダーに押し込み、流入がとまったら抜く

採血中は針先が動かないように固定する

採血針を抜く前に駆血帯を外す

針を抜く

針を抜くことを患者さんに告げて、針の差し入れ部をアルコール綿でおさえながら抜針する

もまずに軽く圧迫するように患者さんに伝える

リキャップせずに注射器は捨てる

止血を確認したら絆創膏を貼る

アルコール綿、手袋などの使用した物品を感染性廃棄物に捨てる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA