呼吸器内科

フローボリューム曲線の見方解説

フローボリューム曲線の見方を解説する。

備忘録としてまとめたい。

フローボリューム曲線の見方解説

出典:研修医が学んでおくべき100のこと

フローボリューム曲線の縦軸は呼気流量を示すので、山の高さが低いということは気流速が遅いということになります。

一方、横軸は、肺気量を表しますが、右から左に向かって数字が増えていることに注意が必要です。

つまり、左にいくほど、肺の中の気量が多いことになります。

上のグラフでいうと、肺気腫は過膨張しているので、スタートが正常より左寄りです。

肺線維症は、肺が固くなっているので、空気を十分に吸うことができないため、スタートが正常よりも右寄りになっています。

間違えやすいポイントとしては、吐き出された空気の総量は、山の面積ではなく、スタート地点と終点の横軸の長さで示されていることです。

横軸は時間を表していないので、山の面積が気量をあらわしてはいません。

肺気腫のフローボリューム曲線の特徴は、下に凸になっているのがポイントです。

吐き出す気速が一気に落ちるため、下に凸になっています。

閉塞性換気障害・・・下に凸

拘束性換気障害・・・正常を一回り小さくした感じ

閉塞性換気障害と拘束性換気障害の違い


出典:https://physioapproach.com/blog-entry-513.html

肺活量が80%未満で拘束性換気障害

1秒率が70%未満で閉塞性換気障害

どちらも満たすと、混合性換気障害

拘束性換気障害の方が理論値の80%で異常となるので、シビアである。

一方、閉塞性換気障害は理論値の70%未満なので、割と余裕があるイメージ。

母いない で覚える。

肺活量:80%

1秒率:70%

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA