小児科

女性の生殖腺ホルモンの調節

生殖腺ホルモンの調節


出典:https://www.env.go.jp/chemi/end/endocrine/1guide/detail_a1-3.html

部位 ホルモン
視床下部 ゴナトドロンピン放出ホルモン(GnRH)
下垂体 ゴナドトロピン:
LH(黄体化ホルモン)
FSH(卵胞刺激ホルモン)
精巣 アンドロゲン
卵巣(FSH) エストロゲン(FSHによる:卵胞刺激ホルモンだから)
卵巣(LH) プロゲステロン(LHによる)

視床下部からGnRHが出て、下垂体からLHやFSHが出る。

その結果、男性なら精巣からアンドロゲン。

女性なら卵巣からエストロゲンやプロゲステロンが出る。

視床下部や下垂体は精巣や卵巣からフィードバック調節を受ける。

 

覚えるべきホルモンは3つ。

GnRH:Gonadotropin releasing hormone 性腺刺激ホルモン放出ホルモン
LH:Luteinizing hormone 黄体形成ホルモン
FSH:Follicle stimulating hormone 卵胞刺激ホルモン

ゴナドトロピンとは、性腺刺激ホルモンのことで、LH,FSH,hCGの総称。

 

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA