113回医師国家試験

線維筋痛症の病態、原因、治療

線維筋痛症の病態

広範囲に及ぶ筋骨格系の慢性疼痛とこわばり。

炎症反応などの検査所見に異常を伴わないにも関わらず、全身の広範囲に痛みが生じる。

線維筋痛症の原因

ストレス、ワクチンなど

ストレスを背景とすることが多い。

線維筋痛症の治療

プレガバリン、抗うつ薬など

NSAIDs無効

炎症が原因ではないので、NSAIDsは無効であるのが特徴。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA