必修

疾患ごとの食事療法まとめ

疾患ごとの食事療法まとめ

疾患 食事療法
高血圧症、心疾患 塩分制限 循環血漿量が増えると血圧が上がり、心臓に負荷がかかるから。
糖尿病 カロリー制限(適切なカロリーと栄養バランス) ブドウ糖の量を制限することで、膵臓の機能を回復させる。
慢性腎不全 高カロリー低タンパク
(25~35kcal/kg標準体重)
高カロリー:タンパク質制限は筋肉の分解によりタンパク質が増えて負担が増えるから
低タンパク:糸球体の負荷を減らすため
老廃物を作り出すたんぱく質を減らすことで腎臓の負担を軽くする。
また、たんぱく質を制限すると、不足したエネルギーを補うため、筋肉などのたんぱく質を分解し、排泄時に腎臓に負担をかけるので、十分なカロリーもとる。
腎機能低下に伴う高カリウム血症 カリウム制限

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA