未分類

可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)が悪性リンパ腫で上昇する理由

可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)が悪性リンパ腫で上昇する理由

可溶性IL-2Rとは、リンパ球や単球、マクロファージなどの白血球から産生されるインターロイキンに対する受容体のこと。

IL-2Rのα鎖は、活性化したリンパ球で産生されて、細胞から遊離するため、血中の可溶性IL-2Rとして測定される。

悪性リンパ腫とは、リンパ球ががん化したものであるから、がん化したリンパ球が異常に増加することで、リンパ球が産生する可溶性IL-2Rの産生が亢進すると考えられる。

インターロイキン(IL)は、リンパ球や単球、マクロファージなどの免疫反応への寄与が知られる白血球から産生され、現在までに30種類以上が同定され、発見された順番に番号が付与されています。インターロイキン2(IL-2)は細胞表面に存在するIL-2レセプター(IL-2R)と結合し、細胞内へシグナルが伝達されることで、T細胞やB細胞、NK細胞、単球、マクロファージなどを分化・増殖させる働きを持っています。IL-2Rはα鎖、β鎖、γ鎖から構成され、α鎖は活性化したリンパ球で産生され、細胞表面から遊離するため、血清中に可溶性IL-2R(sIL-2R)として測定することができます。

sIL-2Rは悪性リンパ腫で高値を示すことから、主に悪性リンパ腫の診断の補助および治療効果判定に用いられます。(※保険適応は2疾患)

出典:http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/190.html

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA