必修

SPIKESモデルの覚え方

SPIKESモデルとは?

悪い知らせを伝える際のコミュニケーション・スキル。

6つの段階で構成されており、S→P→I→K→E→Sという順番に行っていく。

SPIKESはそれぞれの英語の頭文字となる。

①S setting:環境 プライバシーを保てる場所、希望に合わせた同席者などの環境の準備
②P perception:認識 患者の認識がどの程度かを確認する
③I invitation:招待 患者からの招待。つまり、患者がどこまで知りたいかを確認する
④K knowledge:知識 わかりやすい言葉で、少しずつ、気を配りながら知識を伝える
⑤E empathy:共感 患者が抱く感情に共感を示す
⑥S strategy:戦略 予後や治療方針などの治療戦略について話し合う

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA