内分泌代謝内科

subclinical cushing症候群の病態と検査

subclinical cushing症候群の病態

副腎皮質腺腫によりコルチゾールの自律的分泌があるが、クッシング症候群独特の臨床症状は見られないもの。

患側の副腎で分泌が亢進するので、健側では抑制されると考える。

臨床症状に欠けるため、偶発的に腹部CTなどで発見されることが多い。

subclinical cushing症候群の検査

デキサメタゾン抑制試験

デキサメタゾン(副腎皮質ホルモン)抑制試験では、コルチゾールの自律的分泌があるので、抑制されない。通常は副腎皮質ホルモンを投与すると、フィードバックで抑制される。

アドステロールシンチグラフィ

副腎皮質ホルモンの合成状況や健側での抑制がないかを見る。

subclinical cushing症候群の治療

切除を検討

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA